ギャラリー及び工房(武雄市)

この建物はすり鉢状の段地に全長100m扇形の陶芸家のギャラリー及び工房です。

CLTの材料は欧州オーストリアより輸入したスプルス材で構成されています。

室内に柱・梁がなく、すっきりとした空間になっています。

 

設計:武松幸治+E.P.A環境変換装置建築研究所

施工:(株)上山建設