パッシブデザインとは

建築設計手法のひとつで、特別な機械装置を使わず、建物の構造や材料などの工夫によって熱や空気の流れを制御し、快適な室内環境を作り出す手法です。

太陽の光や熱、風といった自然の恵みを上手に採り入れることで、エアコンなどの機器をなるべく使わず快適に暮らすことを目指します。
パッシブデザインとは

なぜ必要なのか

パッシブデザインの住まいとは、地球がもたらす恵みを、そのまま使い回す工夫と使いこなせる建物性能を持った住まいですので、電気や化石燃料をなるべく使わず、CO2排出量を減らす事に貢献することができます。
また、エアコンなどの電気などを使用しない事により、地球にも、お財布にも優しい家づくりが可能になります。
なぜ必要なのか